ベッドの中で仲睦まじい男女

エイズと聞いて、主に同性愛者や複数の異性と性的接触があった場合にのみかかる病気であると誤解されがちですが、誰でもエイズになりうる可能性があります。
HIVウィルスは潜伏期間が長く、5~10年は無症状の為、発症までに長い時間がかかります。
その為、感染しながら長年治療をせず放置し、数年後症状があらわれてから感染していた事に気付くいきなりエイズの数が増えているのです。
その多くはエイズという病気に対しての誤解や知られる事が恥ずかしいなどの理由が原因で受けていないのですが、病気や検査に対する正しい知識を持つ事で発症を未然に防ぐことが出来ます。
症状が出てからでは遅いので定期的に検査を受けておく事が必要となります。

HIV検査は主に保健所等の医療機関で受けるものと自宅にキットを取り寄せて受けるものがあります。
やり方としては採血してそれを検査するという点は同じです。
保健所など直接赴いて受けるものであれば、医師に直接面談する事ができ、色々なアドバイスを受ける事が出来ます。
もちろんHIV検査を受けた事や、仮に陽性反応が出た場合でも秘密が外に漏れる事はありません。
自宅で受けるものは医療機関などから郵送で検査キットを取り寄せ、採血したサンプルを発送し、後日書面やネットなどで検査結果を確認することが出来ます。
対面で検査を行わないので、検査をするのはやはり恥ずかしいという方でも気軽に受ける事が出来るメリットがあります。

ハートを持った女医

ただし、検査機関の精度がまちまちであったり、時に正しい結果が出ない場合があるので、機会を見て医療機関で直接検査を受ける事が必要です。
現在ではHIVウィルスの増殖を抑え、発症を防ぐ事はそれほど難しくない時代になっています。
エイズで死なない為には早期発見が重要なので、どんな人でも検査を受けるという事が大切です。