HIV検査を受けてエイズ感染を防ぐ! > 宿泊して菌が移った場合にはHIV検査をしよう

宿泊して菌が移った場合にはHIV検査をしよう

腕を組んでいるカップル

パートナーと宿泊をして相手から菌を移されたと感じた場合には、すぐにHIV検査をしなくてはいけません。
一般的に、HIV検査は他の性病の検査と異なって検査に時間がかかります。
一ヶ月程度の時間を要することもありますので、身体に違和感を覚えた時にはすぐにでも検査をする必要性があります。

HIVは感染力がものすごく小さいので、相手が菌を持っていたとしても直接的に体内に取り入れるようなことをしないかぎりは全く問題はありません。
しかし、HIVは他の性病に感染していると感染率が跳ね上がる傾向があるものです。
日本で最も感染者数の高いクラミジアに感染した場合、最大で5倍以上の確率でHIVに感染しやすくなります。 クラミジアにもし感染してしまった場合は、すぐにジスロマックなどの抗生物質で治療する必要があります。
ジスロマックはアジスロマイシンを主成分とする抗生物質ですので、常備しておくのも一つの方法です。
クラミジアだけでなく、扁桃炎や気管支炎などにも効果が期待できます。
ジスロマック通販は早い&安全なサイトを利用することが重要ですから、口コミ評価も十分チェックすると良いでしょう。

また、話を戻しますが、HIVウイルスの感染率が上がるのはクラミジア以外に、ヘルペスなどの性病でも同様のことが言えます。
HIVは昔ほど不治の病というイメージではなくなりましたが、症状が進行するとそれを食い止める手段は未だに存在しません。
発症する前にそれを食い止める手段はありますが、症状が進行した場合には手遅れになってしまいますので菌に関して怪しいと感じる時がある場合にはすぐにでも検査をすることです。

基本的に、HIV検査をする時には血液検査を行うことになりますので他の病気にかかっているかどうかも判断することが出来ます。
特に、女性の場合には母子感染の可能性もありますので、母親となる人物は子供を産む前に必ず検査を受けておく必要があります。
HIVにかぎらず、性病のウイルスを持っている場合には子宮から胎児にウイルスが進入することがありますので、そうなると取り返しがつきません。

日本では特にHIV検査に関連する設備と一般人の知識が遅れています。
感染率は低い病気ですが避妊やそれに準ずる対策をしていないと感染する可能性も上がるので最低限の対策はすることです。