HIV検査を受けてエイズ感染を防ぐ! > HIV検査はどこで出来るの?

HIV検査はどこで出来るの?

血液検査の様子

HIV 検査は各保健所でできます。
無料ですし、実はHIV検査は匿名でできるのです。
住所も電話番号も聞かれません。
伝達手段がないので、結果を聞くため後日保健所に行きます。
そのため合計2回、保健所に足を運ぶことになります。

保健所の職員や他の受検者たちと顔を合わせたくない場合は、遠くの保健所で検査を受けることもできます。
予約は電話でおこないます。
番号非通知でもかまいませんし、公衆電話からでもOKです。
そこで予約日時と、名前の代わりとなる番号が伝えられます。
その後予約日時の変更をする場合なども、常にこの番号を伝えることになります。

検査方法は血液検査となります。
腕から少量の血液を採取します。
健康診断でおこなわれる血液採取と同じです。

健康診断では、自分の血液の入った容器には自分の名前が記されますが、その検査は匿名ですので電話予約の際に知らされた番号が記されます。
血液の採取も、その前におこなわれる問診も、個室で職員と受検者の二人だけでおこなわれます。
感染の有無を検査されるのは、HIV、梅毒、肝炎などです。

肝炎の検査のために来ている人もたくさんいます。
また、医療機関での注射針や、胃カメラ・大腸検査での器具、歯医者の根幹治療などでの感染を心配して来ている場合もあります。

検査結果は後日、同じ保健所にて知らされます。
その際も個室で職員と二人きりの状態となります。
プライバシーは完全に守られます。
近頃はよく、企業や公的機関によるインターネットへの情報流出が取りざたされていますが、保健所側は、住所も名前も電話番号も知らず、情報自体を持たないため、流出の心配もまったくありません。
この制度があるうちに、ぜひとも検査を受けておくべきです。